CodeCamp(コードキャンプ)無料体験のレビュー・感想を解説

プログラミングをスクールで勉強したい人にとって、「学びたいことを勉強できるのか」「スキルは身につくのか」は気になるところです。しかし、スクールのサイトを見ていてるだけでは、自分に適しているのか判断できないかもしれません。

そこで、時間も場所も問わず、オンラインでプログラミングを学べるスクールCodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンを受講してみました。

どんな様子で体験講座が進み、どんな情報を得られるのか。CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンの様子をお伝えします。

渡辺彩香
プログラミング初心者の渡辺彩香です! CodeCamp(コードキャンプ)では常時7種類の講義を展開していますが、どのコースを選択したら良いのかがわからないため、まずは体験授業を受講してみることにしました。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンとは

CodeCamp(コードキャンプ)は「プログラミングに興味があるけど、どんな勉強をしたらいいかわからない」「他のスクールでプログラミングを勉強したけどよくわからなかった」など、同スクールでプログラミングを学習する際に気になることを解消できる無料体験レッスンがあります。

プログラミングってどんなものなのか、何ができるようになるのかなど、プログラミングの楽しさがわかるレッスン内容のため、プログラミング未経験者にもおすすめです。

CodeCamp(コードキャンプ)無料体験レッスン3つの特徴

  1. 講師は経験方法なベテラン現役エンジニア
  2. 気になることは些細なことでも質問可能
  3. いつでもどこでも受講可能

特徴1. 講師は経験豊富なベテラン現役エンジニア

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は全員ベテランの現役エンジニア。選考時には書類選考、面接、模擬レッスンを突破する必要があるため、教える力が一定以上あると認められた人だけがCodeCamp(コードキャンプ)の講師を務めています。

第一線で働くエンジニアが最新の情報を交えながら学習をサポートしてくれるため、自分ひとりで独学で勉強するよりも即戦力となる知識と実践的なスキルが身に付きます。

例えば、学習中に疑問点が出たとき、1人で学んでいたらまず答えを参照してしまうかもしれません。しかし、CodeCamp(コードキャンプ)の講義では、講師は習熟度別の切り口で考え方のヒントを与え、自分で考え・解決することを促します

自分で考えて解決するフローを何度も繰り返すことで、着実に自分で解決する力(=即戦力の知識と実践的なスキル)を身につけることができるのです。このように、プログラミングを上達させるポイントを教えられるのは、講師が現役エンジニアだからと言えるでしょう。

特徴2. 気になることは些細なことでも質問可能

どんなプログラミング言語を学ぶべきか、こういうアプリは作れるのか、このスケジュールでも勉強できるのか、どんな学習の進め方がいいのか……。プログラミングを学ぶ上で不安なことや気になることは、なんでも質問をしましょう。

学習の進め方を理解した上で、迷いなくコースを選択できるようにしましょう。

実際に私もスクールで「PHPとRubyはどちらがおすすめですか?」と聞いたところ、以下のような回答を得ることができました。

竹原 孝享
PHPもRubyも役割は同じです。ただし、「情報量」と「スピード感」が違います。

PHPの場合は、昔から使われている言語なので、使っている人が多く、エラーに対しての対処法など世の中に出回っている情報量も多いです。そのため、初心者の人でも自分で対処法を探したり、PHPを使える人を見つけやすいため、学習のハードルが低いと言えるでしょう。

対してRubyは日本初の言語で、比較的最近注目され始めた言語と言えます。ベンチャー企業で使われている事が多いです。開発速度はRubyの方が早いですね。

また、行きたい企業がある場合は、求人票を見てどのスキルを有している人を求めているのかを確認しておくのもいいでしょう。

特徴3. いつでもどこでも受講可能

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンは、毎日9時から22時までの間で、自由に受講できます。自分のスケジュールをみて、タイミングの良いときにチャレンジしてみましょう。ネット環境とパソコンがあれば、どこからでも参加できます。

渡辺彩香
私も仕事の合間に受講しました。無料体験は40分なので、ランチタイム中に受講できちゃうのが嬉しいですね。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンをおすすめする人

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンは下記のような人におすすめです。

  • プログラミングを勉強してみたいけど、スクールが多くてどこがいいかわからない人
  • プログラミングを学んだことがあるけど、挫折した経験がある人
  • 転職してエンジニアになってみたい人
  • 他のスクールで学んだけど、もっとしっかりと基礎から応用まできちんと学習したい人
  • プログラミングを学びたいけど、まず何から始めていいのか分からない人

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験で必要なもの

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンはオンライン上で行われます。そのため、下記3つの準備が必要です。

必要なもの1. パソコン

レッスンを受けることを想定して、各自でパソコンを用意しましょう。パソコンのOS(Mac、Windowsなど)は問いません。

必要なもの2. Google アカウント

ビデオ通話アプリ「Googleハングアウト」を使用してレッスンが行われます。Googleアカウントが必要なので、レッスンまでに用意しておきましょう。Googleアカウントは無料で習得できます。

必要なもの3. マイク付きイヤホン

レッスンは講師と常に会話しながら進んでいきます。そのため、パソコンにマイクが付いていない場合は、マイク付きイヤホンを用意する必要があります。

上記について、無料体験レッスンを受ける前に予め確認し、用意を進めておきましょう。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンの内容

では、実際にどのような流れで、どんな話をしたのか。スクリーンショットと共に内容をお届けします。

本日の講師:ラーニングコンシェルジュ 竹原 孝享(たけはらこうすけ)先生
受講生のプログラミング学習目的に合った学習コースやスケジュール、学習方法の提案を行う。 年間約300人のプログラミング学習・エンジニア転職のカウンセリングを実施。

2018年7月23日の無料体験レッスンの内容

  1. ヒアリング(何をやってみたいのか)
  2. CodeCamp(コードキャンプ)で学べることの紹介
  3. 体験レッスン教材で学ぶHTML・CSS・JavaScript

1. ヒアリング(何をやってみたいのか)

本日の講師は、現役エンジニアでありラーニングコンシェルジュ(プログラミングを学ぶ初心者の方へ適切なアドバイスを行う人)でもある竹原先生です。Googleハングアウトでの接続状態を確認した後、すぐに体験レッスンの内容へと移りました。

まずは「なぜプログラミングを勉強したいと思ったのか?」について紐解くヒアリングからスタート。

渡辺彩香
私はプログラミング初心者ですが、作ってみたいWebサービスがあります!

とお答えしました。

自分がそもそもプログラミングを学んで何がしたいのかは、プログラミング学習のモチベーションを保つのにも大事なことです。自分がプログラミングスクールに何を求めているのか、プログラミングをなぜ学びたいと思ったのかを対話を通して再確認することができました。

2. CodeCamp(コードキャンプ)で学べることの紹介

次に、CodeCamp(コードキャンプ)でどんなことを学べるのか、どのようなコースがあるのかの説明を受けました。

Googleハングアウトでは自身で開いている画面を相手に共有することができます。今回はこの機能を利用して、CodeCamp(コードキャンプ)のコース一覧を見ながら紹介を受けました。

受講中の様子

コードキャンプには常設で7つのコースが存在します。私はすでに作りたいものが「Webサービス」と決まっていたので、主にHTML、CSS、JavaScript、そしてPHPを学習するWebマスターコースをおすすめされました。

例えば身につけたいスキルを伝えたり、作ってみたい類似のサービス名やアプリ名を伝えてみると、必要な技術を学べるコースを紹介してくれます。

下記の表はCodeCamp(コードキャンプ)のホームページに記載されているものなので、参考にしてみてください。

3. 体験レッスン教材で学ぶHTML/CSS/JavaScript

どんなコースがあるのかわかったところで、体験レッスンに移ります。

今度は私のパソコンで教科書を開きながら説明に入るとのことなので、画面共有を設定。

画面共有を設定

画面共有ができたら、CodeCampをログイン後の画面を表示させ、右上の「エディタ」ボタンをクリックし、開きます。

受講画面の「エディタ」ボタンをクリック

下記の画像がエディタを開いた様子です。右側は教材を閲覧できるようになっています。

エディタ画面

※体験レッスンの教材は、無料体験レッスンを受講した後もいつでも見返せます

このレッスンでは、実際にコードを書いてみることにも挑戦します。

コード入力画面

このように、学習の様子を実体験することで、プログラミングってどんなもの?具体的にどういう風に授業が進むんだろう?という疑問が解消されました。

授業はJavaScriptの話へ。動きがあるページについて、どんなものかがわかるサンプルページを見ました。

どの言語で何ができるようになるのかなど、プログラミング言語に対してのイメージははじめてプログラミングを学ぶ人にとってはわからないものです。しかし、プログラミングの基礎となるHTML、CSS、JavaScriptのそれぞれの役割とイメージを持てるようになることで、プログラミング言語に対して親近感がぐっと湧くようになりました。

ここからは、CodeCamp(コードキャンプ)で授業を受けるときに気になることや不安点について解消していきます。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンで生じた疑問

実際に受講したときに出てきた質問内容について、解答と合わせてご紹介します。

【質問①】オンラインだけど続く?モチベーションはどうやったら保てる?

Q.  オンラインの授業だと、続くかどうかが不安です。モチベーションを保てるでしょうか。

講師が都度状況を判断し、理解度に応じて学習をサポート。モチベーションを維持できる仕組みが整っています。

ひとりでプログラミングの勉強をしていると「なんでできないんだろう?」とモヤモヤすることは多いです。そんなとき、できなくてモチベーションが下がってしまうのではないでしょうか。

CodeCamp(コードキャンプ)は、Googleハングアウトというビデオ通話アプリを使って授業を進めます。声や顔を見て勉強をするため、受講者がわかっていないところ、認識があやふやなところが講師に伝わりやすいです。講師は都度状況を判断し、必要な情報をきちんと補填してくれるため、理解度は高まるでしょう。

知人のエンジニアの言葉に「プログラミングは思ったどおりに動くんではなく、書いた通りにしか動かない」という言葉があります。自分が思ったとおりにプログラミングを動かすには、きちんと理解するしかないのです。

【質問②】「Webマスターコース」は2ヶ月で終えられるか?

Q. 2ヶ月で「Webマスターコース」を学習したいのですが、初心者にも可能ですか?

カリキュラムを終わらせるだけであれば問題ないでしょう。

しかし、プログラミングの学習を2ヶ月で学習したとは思ってほしくありません。プログラミングができるようになるためには、カリキュラム終了後も継続して勉強を続ける必要があるからです。

通常、プログラミング未経験者の方には、4ヶ月コース、6ヶ月コースをおすすめしています。レッスン時間を含め1日に2時間学習することを推奨しています。

2ヶ月コースで受講する場合は、その倍の時間を要すると考えておきましょう。

また、本カリキュラムでは、予習と復習は欠かせません。特に、復習をきちんと行うことが大切です。学んだことが理解できているのか、自分の知識として定着しているのかを確認しながら勉強を進めましょう。復習は、どの期間で学ぶ人にとっても重要です。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験でわかったこと

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンでは、下記の4つのことがわかりました。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンでわかった4つのこと

  • 自分に合ったコースと学習方法
  • スキルアップ、転職など、目的に合わせた学習内容がわかる
  • どのようなスケジュールを立てるべきかがわかる
  • CodeCampの受講方法

自分自身がなぜプログラミングを勉強したいのかを明らかにした後に、コースや学習方法を提案してくれるので、モチベーションがつづく学習方法を提示してくれるというところが良かったです。

CodeCampのレッスンに近い形でコーディングを試せたことも、実際の授業の様子はこんな感じなのかと思えたのでいい時間を過ごせました。

他のプログラミングスクールと比較する上で重要な判断材料となるのではないでしょうか。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンを受講した感想

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験は、実際の受講方法だけでなく「どのコースを受講するべきか」「学びを持続できるかどうか」など、同スクールを受講したときのイメージが湧くカリキュラムに設計されています。

今回は40分の無料体験レッスンだったのですが、質問をしやすい雰囲気を作ってくれていたため、話が盛り上がってしまい10分ほど時間が過ぎてしまいました。ですが、よくあることのようで「キリの良いところまで授業を進めたいと思うので。60分間レッスンをしたこともありますよ」と笑って仰っていたのが印象的でした。

プログラミングスクールで勉強するか悩んでいる人も、一度無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。きっと、今お持ちのモヤモヤとした悩みを吹き飛ばしてくれますよ。