TECH::CAMP(テックキャンプ)の特徴・コース料金・評判を解説

TECH::CAMP(テックキャンプ)は、株式会社divが対面式とオンライン形式で運営しているプログラミングスクール。

同スクールでは、Webサービス開発やVR・3Dゲーム開発、オリジナルサービス開発、デザイン、iPhoneアプリ開発、AI開発など、月額14,800円で最新の技術をなんでも学べるコースを提供しています。

さまざまなカリキュラムを学習できる一方で、「本当に技術が身につくのか」と考える人もいるかもしれません。

そこで今回は、TECH::CAMP(テックキャンプ)の特徴やコース内容、料金、評判などをご紹介。「向いている人」や「向いていない人」がどのようなタイプなのか、わかりやすく解説します。

TECH::CAMP(テックキャンプ)の総評

まず先に、TECH::CAMP(テックキャンプ)の総合評価からお伝えします。総合評価は3.3点。全スクールよりも、「月額料金」「口コミ/評判」「講座の質」の値が平均を上回っていることがわかります。

総合評価 (3.3 / 5.0)
サポート体制 (3.0 / 5.0)
月額料金 (4.0 / 5.0)
就職転職支援 (2.0 / 5.0)
口コミ・評判 (3.8 / 5.0)
講座の質 (3.6 / 5.0)
本記事で紹介する評価は、スクールの情報を編集部が独自比較し査定した結果となります。また、評判に関しては、Yahoo知恵袋やTwitterで利用者が書き込んだ口コミのみをピックアップしTECH::CAMP(テックキャンプ)の良い面も悪い面も中立的な立場でお伝えをさせて頂きます。

TECH::CAMP(テックキャンプ)が向いている人・向いていない人

ここからはTECH::CAMP(テックキャンプ)の詳細をご紹介します。その前に、まずは「そもそもどのような人がTECH::CAMP(テックキャンプ)に向いているのか?向いていないのか?」を確認してみましょう。

TECH::CAMP(テックキャンプ)が向いていない人

TECH::CAMP(テックキャンプ)が向いていない人は以下の通りです。

  • 60時間以上の勉強時間を確保できない人(スキルアップを目標としている場合の目安時間です)
  • 上級レベルのプログラミングスキルを身につけたい人(経験者には物足りない)
  • 対面でVRや3Dについての勉強がしたい人(現在は渋谷校でのみの対応です。受講することは可能ですが、質疑応答はオンラインに限ります)

TECH::CAMP(テックキャンプ)が向いている人

TECH::CAMP(テックキャンプ)が向いている人は以下の通りです。

  • 一通り受講していろんな分野に触れてみたい人(なんでも学んでみたい好奇心旺盛な人におすすめ)
  • プログラミング学習未経験だけどオリジナルサービスを開発したい人(洗練されたわかりやすいオリジナル教材を使用)
  • 2ヶ月以上の受講を考えている人(入会費用が148,000円(税抜)、月額料金は14,800円(税抜)<初月無料>のため、継続して受講するとお得です)

TECH::CAMP(テックキャンプ)の概要

スクール名 TECH::CAMP(テックキャンプ)
授業形態 対面授業、オンライン授業
特徴
  • 月額14,800円で最新技術を学び放題
  • 未経験者でも読めばわかる洗練されたオリジナル教材
  • 疑問点が生じたら、対面(渋谷、新宿、池袋、東京駅前、御茶ノ水、早稲田、名古屋、梅田校)もしくはオンラインで質問可能
  • 専属トレーナーが学習内容、学習計画をサポート
提供コース一覧 全7コンテンツを提供

  • Webサービス開発
  • VR・3Dゲーム開発
  • オリジナルアプリ開発
  • デザイン
  • AI入門
  • iPhoneアプリ開発
  • テクノロジーセミナー
料金
  • 入会費用:148,000円(税抜)
  • 月額料金:14,800円(税抜)

※月額料金は初月無料

料金に含まれるサービス内容

  • 関東・中部・関西にある全国8箇所の教室を利用可能
  • 教室・オンライン上で質問し放題
  • メンターによるカウンセリングあり
  • すべての教材を利用し放題
  • オリジナルサービスの開発サポートあり
無料体験の有無 あり
就職サポート なし(プロのエンジニアスキルを身に着けて就職・転職支援またはフリーランス支援を受けたい方は、TECH::EXPERT(テックエキスパート)をおすすめします

TECH::CAMP(テックキャンプ)の特徴

TECH::CAMP(テックキャンプ)は対面・オンラインどちらも学べるプログラミングスクール。幅広いコンテンツの中から、自分が学びたいことを自由に選べることが大きな特徴の一つです。

しかし、「最後まで学習を終えられるだろうか(学習途中の挫折)」「きちんと理解しながら進められるだろうか(疑問点の解消)」と心配している人も多いはず。そんな人たちのために、同スクールでは下記のような対策をしています。

TECH::CAMP(テックキャンプ)3つの特徴

  1. 技術試験・ホスピタリティ試験を合格した教育専門のメンターが学習をサポート(学習途中の挫折を緩和)
  2. 教室・オンラインで何度でも質問が可能(疑問点の解消)
  3. 何を学んでも定額料金(学び放題)

特徴1.技術試験・ホスピタリティ試験を合格した教育専門のメンターが学習をサポート

プログラミングスクールを探すとき、気になるのは「講師の質」ではないでしょうか。講師の人が全員、現役のエンジニアであることを条件にスクールを探している人もいるかもしれません。

実は、TECH::CAMP(テックキャンプ)のメンターには、現役エンジニア以外の人もいます。しかし、疑問に対して明確な回答を出す「技術力」と、学習をスムーズに進めるための「ホスピタリティ力」、それらを兼ね揃えた教育力を持つ教育のプロばかり

同スクールでは、テクノロジーを教えるプロフェッショナルを、厳しい研修を通して育成しているため、どのスクールでも一貫して質の高い学びを得ることができるのです。

特徴2.教室・オンラインで何度でも質問が可能

オンラインで気ままに勉強したい。でも、どうしてもわからないことは、対面で教えてもらいたい……」そんな希望を叶えてくれるのが、TECH::CAMP(テックキャンプ)です。

実際に学習を進めるときは、「TECH::MASTER」と呼ばれるオリジナル学習カリキュラムを使用。自分の好きなペースで学んでいく自己学習形式を採用しています。

オンラインで質問しながら1人でこつこつと学んでいくこともできますし、近くの教室に通って、メンターや同じ時期に学ぶ仲間と一緒に、理解を深めていくことも可能です。自分のスタイルに合った進め方で勉強していきましょう。

同スクールでは、関東を中心に、中部、近畿に教室を構えています。

対応教室と利用時間

関東

  • 渋谷:渋谷駅から徒歩4分
  • 新宿:新宿駅から徒歩10分
  • 池袋:池袋駅から徒歩5分
  • 東京駅前:東京駅八重洲中央口から徒歩5分
  • 御茶ノ水:御茶ノ水駅から徒歩4分
  • 早稲田:東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩3分

中部

  • 名古屋:名古屋駅から徒歩7分

近畿

  • 梅田:梅田駅から徒歩7分

※営業時間:16時から22時(平日)、13時から19時(土日祝)

特徴3.何を学んでも定額料金

普通のスクールであれば、ひとつのカリキュラムを学ぶために数十万円もの費用がかかることがあります。そんな中、 TECH::CAMP(テックキャンプ)では、月額料金14,800円を支払えば、7つもの学習コンテンツが学び放題なんです。

例えば、プログラミングを理解して、SNSやレビューサイトを開発したい人は「Webサービス開発」を。VRや3Dのゲーム開発を学びたい人は「VR・3Dゲーム開発」を学んでみましょう。

ただし、それぞれ、インプットする時間と実際に制作してみる時間を合わせて、最低でも60時間、最長で約180時間ほど確保する必要があります。

また、複数の学習コンテンツを同時期に挑戦することも可能ですが、より効果的な学びとするためにも、余裕を持ったスケジュールを組むことを推奨されています。

各科目を受講する前は、メンターとの「受講前面談」があります。面談時に、メンターが受講者のプログラミングを学ぶ目的から、最適な学習計画を提案してくれるので、「何から学んだらいいかわからない…」と目が回ってしまう心配もありません。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のコース

TECH::CAMP(テックキャンプ)のプラグラミングコースは、冒頭でお伝えしたように7つのコンテンツから学び放題です。早速、それぞれの内容をお伝えします。

Webサービス開発

「プログラミングやWebサービスの仕組みをまず理解したい」「未経験から自分だけのWebサービスを作ってみたい」そんな方にまずおすすめするのが、このコンテンツです。

プログラミングを身に着け、SNSやレビューサイトなど、さまざまなWebサービスを開発できる知識が得られるカリキュラムになっています。

言語とツール スキル
  • HTML/CSS
  • Ruby/Ruby on Rails
  • SQL
  • プログラミングの汎用的な概念と文法を理解できる
  • HTMLとCSSを使ってWebページを構築できる
  • Ruby on Railsを使ってWebサービスを0から構築できる
  • JavaScriptを用いてサイトに動きをつけることができる
  • SQLを使ってDBからデータを抽出することができる

VR・3Dゲーム開発

「ゲームを作ってみたい」「VR技術に興味がある」という方におすすめのコンテンツです。

プレイステーションやスマートフォン上で動作する、自分が思い描いたゲームを作って、実際に遊んでみましょう。

身につくことができる言語とスキルは以下の通りです。

言語とツール スキル
  • C#
  • Unity
  • 各種言語の理解
  • C#を使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
  • ゲームエンジンUnityの基本的な使い方をマスターできる
  • 2D・3Dゲームを開発できる
  • Unity上で開発した3Dゲームを動かせるようになる

オリジナルサービス開発

「自分だけのWebサービスを作って副業で稼ぎたい」「アイデアを形にして起業したい」という方におすすめのコースです。

教材に載っていない内容でも、メンターが一つずつ丁寧にサポートしてくれます。

「オリジナルサービス開発」カリキュラムで学べる言語やツールは以下の通りです。

言語とツール スキル
  • Webサービス開発スキル
  • ゼロからサービスを作るための流れを理解できる
  • Gitを使ってソースコードの管理ができるようになる
  • インターネット上で自分のWebサービスを公開できるようになる

デザイン

わかりやすい資料を作れるようになりたいという人からWebサイトのデザイン手法を学びたいという人まで、デザインに関する幅広い悩みや疑問を解消してくれるのが「デザイン」カリキュラムです。

illustratorやPhotoshopなどのツールの使い方を通して、Webエンジニアとしてのデザイン手法を学ぶことができます。

言語とツール スキル
  • ilustrator
  • photoshop
  • どんなデザインにも必須となる基本的なルールとテクニックを理解できる
  • Webサイトを美しくデザインするワイヤーフレーム制作技術
  • Illustratorを使ったロゴ・ポスターなどの制作技術
  • PhotoShopを使った画像加工の技術

AI(人工知能)入門

今最も注目されている技術、AI(人工知能)を、プログラムする技術を学ぶカリキュラムです。

人工知能の仕組みや原理を理解して、人工知能を使った問題解決ができる人材になりましょう。データドリブンで事業を伸ばしたい経営者やマーケター、セールス担当の方にもおすすめです。

言語とツール スキル
  • Python
  • AIの基本的な知識
  • 各種言語の理解
  • 人工知能の原理を理解できる
  • Pythonを使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
  • Pythonを活用し複雑なデータの分析ができるようになる
  • 目的に応じてデータ解析方法を取捨選択できるようになる
  • ディープラーニングの元となる機械学習を使ったデータ解析プログラムが書ける

iPhoneアプリ開発

「iPhoneアプリを作ってみたい」という人におすすめのカリキュラムです。未経験者の方でもiPhoneアプリが作れるようになります。

作ったアプリを自分のiPhoneにインストールしたり、ストアにリリースしたりしてみませんか。

言語とツール スキル
  • Swift
  • Xcode
  • 各種言語の理解
  • Swiftを使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
  • Xcodeを使ってiPhoneアプリを0から構築することができる
  • ニフティクラウドを使ったデータベース連携ができるようになる
  • 作ったアプリをストアにリリースすることができるようになる

TECH::CAMP(テックキャンプ)の評判とは?

ここからは、TECH::CAMP(テックキャンプ)の評判は実際のところどうなのか?をご紹介したいと思います。

ここでの評判は、Twitterやyahoo知恵袋などから良い評判だけでなく悪い評判も含めて中立的な立場でお伝えしたいと思います。

TECH::Campの就職・転職支援

TECH::CAMP(テックキャンプ)では、就職支援として未経験からプロのWebエンジニアを目指すプロフェッショナルコース「TECH::EXPERT(テックエキスパート)」があります。簡単に特徴をご紹介したいと思います。

TECH::EXPERT(テックエキスパート)とは

TECH::CAMPでは身につけることのできないハイレベルな学習内容と就職までのサポート体制が特徴のコースです。

※月額制のTECH::CAMPとは別サービスです

TECH::EXPERT(テックエキスパート)の特徴

  1. 未経験から最短最速でWebエンジニアとして転職できる
  2. Webサービス構築に必要なHTML、CSS、JavaScript、Ruby on Railsの知識が得られる
  3. Gitを用いたチーム開発の手法や、安全性の高いアプリケーションを設計する開発手法を学べる

特筆すべきは、転職できなければ全額返金してくれること。IT業界でチャレンジしたい人には非常におすすめです。

【コース選びの参考に】言語別エンジニア年収・求人数ランキング

エンジニアを目指す人にとってはどの言語がどれくらいの需要があるかを知っておくことは大切です。そこで、求人サイト4社のデータと、検索エンジン「スタンバイ」が発表した平均年収ランキング2018を参考に一覧表を作成しました。

コース選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。
※言語名をクリックすると、各言語に特化したおすすめのプログラミングスクールまとめへ飛びます。

言語名 年収ランキング(中央値/最大額) 求人合計数 Indeed
リクナビNext DODA パイザ
Go 1位 600万円/1,600万円
1,412 1,293 1 23 95
Scala 2位 600万円/1,300万円 1,423 1,245 6 96 76
Python 3位 575万円/1,499万円 14,576 13,379 99 813 285
HTML 1位 48,549 40,205 568 7,338 438
Java
2位 43,120 38,091 461 3,650 918
PHP
3位 30,993 27,975 246 1,945 827
Swift 550万円/1,200万円 4,139 3,385 37 249 468
Ruby 550万円/1,200万円 12,826 11,695 89 611  431
R 574万円/1,000万円 1,497 1,448 8 17 24
Kotlin 575万円/1,200万円 1,367 1,214 6 75 72
Perl 525万円/1,000万円 7,788 7,372 57 257 102
CSS 13,742 12,379 120 805 438
JavaScript

18,876 16,681 161 1,152 882
C++
19,211 17,399 70 1,359 383
C#
21,291 19,265 70 1,408 548

※求人数は2019年2月時点のIndeed、リクナビNext、DODA、パイザの結果から算出。正社員/パートなどすべての雇用形態、また企業の重複を含みます

あまり使われていない言語、時代に合わない言語はおすすめしません
特に、エンジニア志望の場合は、需要が低い言語を学んでも、お金を稼げない場合があります。エンジニア人口が多く、需要が高い言語から順に比較検討することをおすすめします。

【チェック項目付き】プログラミングスクールを選ぶ時の4つのポイント

プログラミングスクールの目星を付けたら、本当に良い投資となり得るのか、以下の4つのポイントに基づいて徹底比較してみましょう。

プログラミングスクールを選ぶ時の4つのポイントは「料金・講座の質と受講スタイル・サポート体制・転職/就職支援」です。各項目の詳細と【チェックシート】をあわせてご紹介しますので、無料体験や無料カウンセリング時の質問の参考にしていただければと思います。

1、料金

料金は、月額料金と入会金などをあわせた総額で比較しましょう。0円で就職・転職支援まで行うスクールもあれば、教材費もすべて足すと1,000,000円近くまで費用が発生するスクールも存在します。

平均の月額料金は100,000円前後です。

料金のチェックポイント

  • 月額料金と入会金、教材費をまとめた総額は?
  • クレジットカードでの分割払いは可能か?(その場合、月3,000円〜と格安に!)
  • 平均の月額料金(100,000円)を上回っているのか、下回っているのか?上回っている場合、納得のいくサポートなど対応は充実しているか?

2、講座の質と受講スタイル

講義の質に関しては、SNSなどでスクール名を検索して口コミを確認してみましょう。きっと、リアルな情報が得られます。

また、講座内容を選ぶときは、自分が得たいスキルを身につけられるのか最終的なアウトプットは何かに注目しましょう。そのため、プログラミングスクールに専門の講師またはエンジニア経験のある人が在籍しているのか確認すると良いでしょう。

もう一つ見ておきたいのが受講スタイルです。受講スタイルには2つのパターンがあります。ひとつめはオンライン上で個別レッスンを行うスタイル、そしてふたつめは教室で個別レッスンや集団での講義を行うスタイルです。

講座の質と受講スタイルのチェックポイント

  • SNS等で口コミ評価を確認したか?
  • 専門にしたいスキルについて詳しくわかる講師はいるか?
  • 受講はオンラインか、通学(教室)か?
  • 受講時間はいつか?無理なく学習を続けられるスケジュールは立てられそうか?

3、サポート体制

自身の学生の頃を思い出してください。わからないところにつまづいたときや勉強が嫌になったり、挫折してしまったりした経験はありませんか。

特に、社会人になると、最初はやる気があっても、仕事やプライベートなどで忙殺され、情報をインプットする時間を確保しづらくなります。学習は「いかに自分を律し続けるか」が肝と言っても過言ではありません。

そこで、各スクールでは勉強を続けられるような工夫を多く取り入れています。

例えば、学習中に出てきた疑問や不明点を解消できるチャット・掲示板サポートや、自分に合った学習スケジュールを組み立てるサポートがあります。スクールによっても差が出やすいポイントなので、この点に注目して比較をしてみても面白いでしょう。

サポート体制のチェックポイント

  • 学習の疑問点は質問できるか?その場合はオンライン対応か、それとも教室等で対面対応か?
  • 「学生のモチベーションが低下した時」の対応はあるか?
  • 学習スケジュールの相談はできるか?
  • パソコンに不具合が出るなどして受講ができなくなったとき、どのようなサポートをしてくれるか?

4、転職/就職支援

プログラミングを学習した後にエンジニアになりたい、もしくはIT系の仕事に就きたいと考えている場合は、転職・就職支援のあるプログラミングスクールを検討することをおすすめします。

スクールによっては、企業の紹介だけでなく、履歴書の書き方や服装、ビジネスマナーなどの研修、問題解決力・コミュニケーション力のセミナーを行っているところもあります。

また、転職や就職が成功しなかった場合の返金保証決まったときのお祝い金制度があるスクールもあるので、その点についても確認してみてください。

転職/就職支援のチェックポイント

  • 講座の対象年齢は定められているのか?
  • 過去の実績はあるか?具体的にどのくらいのレベルの人が、どの企業に、どういったポジションで就職/転職できているのか?
  • 最低限抑えておきたい、勤務地・年収をクリアしている紹介先はあるか?
  • 履歴書や職務経歴書の添削サポートはあるか?
  • 面接対策のサポートはあるか?
  • 転職/就職の合格保証はあるか?

TECH::CAMP(テックキャンプ)の総合評価3.3

TECH::CAMP(テックキャンプ)は、月額料金、口コミ/評判、講座の質では魅力的です。一方で、基本的には自分で学習を進めていく形なので、自分を律する力が必要と言えます。

それでも、特定のスキルだけでなく、なんでもいろんなことに挑戦をして自分の適正を探したい人や、幅広く技術を身に着けたい人にとっては、コストパフォーマンスが悪くないのではないでしょうか。

上記より、TECH::CAMP(テックキャンプ)の総合評価は5点満点中3.3点をつけたいと思います。

総合評価 (3.3 / 5.0)
サポート体制 (3.0 / 5.0)
月額料金 (4.0 / 5.0)
就職転職支援 (2.0 / 5.0)
口コミ・評判 (3.8 / 5.0)
講座の質 (3.6 / 5.0)

本記事で紹介する評価は、スクールの情報を編集部が独自比較し査定した結果となります。また、評判に関しては、Yahoo知恵袋やTwitterで利用者が書き込んだ口コミのみをピックアップしTECH::CAMP(テックキャンプ)の良い面も悪い面も中立的な立場でお伝えをさせて頂きます。

LINE@無料相談

無料で相談する

編集部がプログラミングスクール選びのアドバイスをさせていただきます。「スクールがたくさんあり過ぎてどれを選べば良いのか分からない」「どの言語を勉強すれば良い?」「転職に有利なスクールはどこ?」など、どんな質問でもOKです!気軽にご連絡ください★