CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースレビュー・感想|9日目

プログラミングを習得したい人にとって、プログラミングスクールは「理想の自分に一歩近づける場所」。しかし「プログラミングを学びたいけど、自分にできるか不安」「値段が高くて踏み切れない」「受講のイメージが湧かない」など、挑戦するかを悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

どんな様子で授業が進み、どんな学びを得ることができるのか。CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースを受講した様子をお届けします。

飯川慶子
都内の通販会社のウェブマーケター。上級ウェブ解析士。

HTMLやCSS、簡単なワードプレスぐらいであれば触れるものの、近年ウェブだけではなくアプリの割合が増えてきていることに不安を抱えている。

アプリってそもそもどうやって動いているのか、どう作られているのかがわからないとディレクションも解析もしにくいだろうな、と思ったためアプリマスターコースを受講。

CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースとは

CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースは、スマートフォンのアプリケーションをゼロから開発できるようになることを目的としたコースです。

ログラミング未経験者を対象としており、ニュースリーダーアプリやカメラアプリ、簡単なSNSアプリの開発に挑戦することができます。また、アプリ開発に必要な環境構築から開発方法まで、実際に挑戦しながら経験値を積み、最終的に自作のアプリ公開を目指します。

アプリマスターコースの時間・料金プランは以下の通りです。

2ヶ月
  • 料金:148,000円(税抜)
  • レッスン回数:20回
  • 受講期間:60日間
  • 週の学習時間目安:20〜25時間
4ヶ月
  • 料金:248,000円(税抜)
  • レッスン回数:40回
  • 受講期間:120日間
  • 週の学習時間目安:10〜15時間
6ヶ月
  • 料金:298,000円(税抜)
  • レッスン回数:60回
  • 受講期間:180日間
  • 週の学習時間目安:5〜10時間

今回は2ヶ月のスケジュールで学習を進めていきます。

それでは、9日目の様子をお伝えします。

アプリマスターコース9日目|CodeCamp(コードキャンプ)


本日の講師:堀内 滉貴先生

こんにちは!日本語よりJavaが好きな堀内滉貴です!
都内の広告代理店で、スマホアプリや社内システムの開発、印刷物のDTPオペレーションをしてきました。

コードを書くかたわら、なぜかDTPオペレータとして大手飲食チェーン店さんのテーブルメニュー作成にも関わり、Illustrator・Photoshopにも親しんでいます。
おかげで飲食店のメニューの写真を見ると、どの色が補正されているかがだいたいわかるようになってしまいました。
このあたりの話もご興味がありましたらお声がけください。喜んで語り始めます。
IT系の資格は、基本情報処理技術者、応用情報処理技術者、情報セキュリティスペシャリスト(現:情報処理安全確保支援士)などを保有しています。

引用:CodeCamp(コードキャンプ)

ここまでは特徴をざっとお話してきましたが、ここからは実際にCodeCamp(コードキャンプ)アプリマスターコース9日目でどんな流れでどんなお話をしたのか、スクリーンショットと一緒にお届けしたいと思います。

CodeCamp アプリマスターコース第9回目レッスンの内容

  1. エミュレーターの準備
  2. 入力フォームを作ってみよう

1. エミュレーターの調子が悪い(40分)

12/3に受講した「CodeCamp(コードキャンプ)アプリマスターコース8日目」の最後でエミュレーター(※作ったアプリをPCの画面上で確認する機能)をDLしたのに、うまく動かないというトラブルが……立ち上げようとしてもすぐ強制的にシャットダウンしてしまうのです。

Google検索して理由を調査し、自力で対処できるものは対処したのですが、全く動かなかったため、藁にも縋る思いで先生のお力を借りることに。

飯川慶子
というわけでエミュレーターが全く起動しません、お忙しいところごめんなさい。 これはどうやったらできるのでしょうか?

そんなときにもやはり先生はとても優しい……。

AndroidStudio(アンドロイドスタジオ)の中身の設定の変更を提案してくださったり、私のPCのメモリや性能から判断してくださったり(問題はなかったようです)、エミュレーターの再ダウンロードを提案してくださったりとありとあらゆる方法を提案してくださいました。

結局のところ、なぜ治ったのかはよくわかりませんが、AndroidStudio(アンドロイドスタジオ)の「Your Virtual Device」という項目から、「Emulated Performance」の「Graphic」を「Autoamatic」から「Software」にすることで解決しました。

今回治らなかったら本当にAndroidの実機を買ってつなごうと思っていたので、動いてくれてよかった!です。(時間はロスしてしまったのですが……)

2. 入力フォームを作ってみよう

エミュレーターのエラーのせいで時間が無くなってしまったのですが、私が本来作りたいのは「家計簿」です。

前回の復習をしながら

飯川慶子
前回の復習をしながら思ったのですが、家計簿を作りたい場合、数値を入力しなければいけないですよね。 入力フォームに数値を入力して何らかの処理を完了させたい場合ってどうするんですか?
堀内滉貴先生
いいですね!それでは、さっそくコードを書いてみましょう。

アプリの見た目を整える「activity_main.xml」ファイルのtextから最適なテキストボックスを選択して入れる(見た目が……なのは今回は問わない)。

MainActivity.javaのファイルでテキストボックスに文字(今回は数列なのでint型で指定)を入力したときに何が起こるか命令を書いてあげる。今回の場合はその数値の3倍の値を返すようにしています。

これを指定して実行したところアプリができました。これは家計簿を作るのにとっても重要な機能……。うまいこと組み合わせることができればな、ということで

「参考書のように分厚い本の323ページから(イベントの処理)を復習のために読んでおくこと」

を課題とされ、今回のレッスンは終了しました。

CodeCamp(コードキャンプ)アプリマスターコース9日目で生じた疑問

今回はエミュレーターの件でかなり時間を取ってしまったので、質問をする時間的余裕はなし。次回までに今回やったこと+課題で出されているイベントの処理の部分を読んで疑問に思ったことを質問する形式にしていこうかなと思っています。

CodeCamp(コードキャンプ)アプリマスターコース9日目の成果と課題

9日目を受講して学んだことと、次回に向けた課題について整理します。

9日目では

  • エミュレーターのエラーが起こったときの対処方法
  • 文字を入力してアプリ上で処理するために何をしたらいいか

ということを学びました。次(12/10)までに

  • テキストを323ページから読んでおいて、質問をキャッチアップ
  • 家計簿アプリを作るうえでほかにどんなものができたらいいのかを考えて仕様設計をしておく

ことを進めていきます。

CodeCamp(コードキャンプ)アプリマスターコースを受講した感想

AndroidStudio(アンドロイドスタジオ)にまだあまり慣れていないのもあるのですが、これを書籍を使って個人でやったら、私はおそらくすぐに挫折しちゃうだろうなと思います。

  • ダウンロードの容量が大きいので時間がかかること
  • (直観的にアプリを作れるという意味やJavaを書き込むエディタはすごく便利だけど)全部英語で書いてある複雑さ
  • ダウンロードしてもうまく動かないことがあること

アプリ作成の参考書を読んでも基本的にはこれらのことは「できている前提」で話が進んでいくので、今回のエミュレーターの件などは本当に先生がいなければ解決でいないことでした。

また、AndroidStudio(アンドロイドスタジオ)の講義に入ってからいままでのJavaより「自分が何を作りたいのか」といった主体性が求められるようになってきている気がします。

課題こそJavaほど大量にないものの「じゃあ自分が作りたいものを作るためには何が必要なのか」を考えてそれをうまく先生に伝えていく必要があるなと思いました。

LINE@無料相談

無料で相談する

編集部がプログラミングスクール選びのアドバイスをさせて頂きます。「スクールがたくさんあり過ぎてどれを選べば良いのか分からない」「どの言語を勉強すれば良い?」「転職に有利なスクールはどこ?」など、どんな質問でもOKです!気軽にご連絡ください★