TECH::CAMPのAI(人工知能)入門のレビュー・感想|Lesson1

1950年ごろから人間と同等の知能を実現させることを目的として開発が続けられてきたAI(人工知能)。その中でも、コンピューターがデータから反復的に学習して、そこに潜むパターンを見つけ出す「機械学習」に焦点を絞り学習できるプログラミングスクールがあります。

オンラインプログラミングスクール、TECH::CAMP(テックキャンプ)です。

機械学習を知るにはPythonと呼ばれるプログラミング言語への理解が必要ですが、Pythonといえば、年収ランキングでGo、Scaraに次いで3位にランクインしています(Top3の中では求人数がダントツ1位)。Pythonは、2019年現在でも最も需要の高いプログラミング言語の1つと言えるでしょう。
※2018年8月、ビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」が発表

とはいえ、機械学習を学ぶには数学やアルゴリズムの理解が必要なため、「最後まで学べるかな…」「ハードル高いな…」と感じている人も多いかもしれません。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のAI(機械学習)入門カリキュラムでは、どのような形で学習が進み、理解を深められるのか。具体的にわかるよう、体験レポートを作成しました。TECH::CAMPに通うかどうか検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

佐藤 漠
社内のなんちゃってSE、エンジニアとして、業務効率化を目標にエクセル関数、VBA、VBS、Pythonと学ぶ。
独学ではなく一般的な基礎を1から学んで、より仕事に活かしたいと考え再勉強中。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラム・AI(人工知能)入門とは

TECH::CAMP(テックキャンプ)のAI(人工知能)入門カリキュラムでは、Python言語を使った人工知能のプログラムについて学びます。

身につくスキルは以下の通りです。

TECH::CAMP AI(人工知能)入門で身につくスキル

  • 人工知能の仕組みや原理を理解する
  • プログラミングのが概念がわかる
  • Pythonの文法と複雑なデータ分析がわかる
  • 目的に応じたデータ解析方法の取捨選択ができる
  • 機械学習を使ったデータ解析プログラムが書ける

このカリキュラムをおすすめしたいのは「人工知能の仕組みや原理を理解し、扱えるようになりたい人」「将来のIT産業の変化についていきたい人」「データドリブンで事業を伸ばしたい経営者・マーケター・セールス担当」等です。

また、TECH::CAMP(テックキャンプ)の特徴として、今回紹介するAI(人工知能)入門に加え、Webサービス開発、オリジナルアプリ開発、デザインなどのカリキュラムを含め月額制(14,800円)で学び放題のため、「自分にはPythonは向かなかったかも」という場合は他の言語を学習することも可能です。

それでは、AI(人工知能)Lesson1の様子をお届けします。

AI(人工知能)Lesson1|TECH::CAMP(テックキャンプ)

では、どのようなカリキュラムなのか、まずはLesson1の内容から確認してみましょう。

1、Lesson1/学習をはじめる前に(AI)
・カリキュラムをはじめる前に
・教室の利用と質問について
・事前に準備すること
・その他の準備
・カリキュラムを進める際のアドバイス
・Jupyter NoteBookを使ってカリキュラムの振り返りをしよう

1.Lesson1/学習をはじめる前に(AI)

レッスンまず、TECH::CAMPの受講方法などを説明するページがありました。

無料体験会、オリエンテーションのおさらい

引用:TECH::CAMP AI(人工知能)入門

その他、カリキュラム内で表示されるマークの説明や教室の利用方法、テレビ通話を使用したメンターへの質問方法を確認することができます。

学んでいる最中にカリキュラム以外で分からないことがあれば、このページを見れば解決できそうです(基本的には、TECH::CAMPで学習する前に参加するオリエンテーションの内容とほぼ同じでした)。

ここからは、カリキュラムを進めるための準備をします。

カリキュラムの中では、実際に自分でプログラムを記述することもあります。その時に使用するツール類の準備方法も解説してくれています。

「ツール」という言葉を聞いてもいまいちピンとこないレベルの方でも分かるよう、わかりやすく書かれています。

TECH::CAMPでは、「AWS Cloud9」と呼ばれるサービスを使うことを推奨しています。

Cloud9とは(カリキュラムより)

引用:TECH::CAMP AI(人工知能)入門

AWS Cloud9の登録方法については、下の画像のように、実際の登録画面に補足付きで解説されていました。

補足付きの解説ありで、わかりやすい

引用:TECH::CAMP AI(人工知能)入門

ただ、ここでひとつもやもやが……。

佐藤 漠
個人的には、AWSには繋がずローカルにファイルを保存して、自分好みのエディタでコーディングしながらGitで管理したいんだよなあ

開始早々模範から外れようとする性分が出てしまいました。運営スタッフに問い合わせてみると……。

TECH::CAMP
あくまで推奨環境なので、お好みがあれば構いませんよ!

とのことでした。寛容な環境で助かる。

因みに私は、Atom(GitHubが開発したオープンソースのテキストエディタ)」と「Bitbucket(コード管理ツール)」を使用しました。

ツールはそれぞれメリット・デメリットがあり、個人の好みもあると思うので、使い勝手の良いものを選択すると良いと思います(個人的には、受講時点でそれぞれのツールの違いを知らない方でしたら、カリキュラム通りの環境をセッティングすることをおすすめします!)。

その他、ショートカットキーの使い方等、コンピューター初心者にもやさしく説明されています。

ショートカット説明画面(カリキュラムより)

引用:TECH::CAMP AI(人工知能)入門

しかし、ここで残念なことが……。

佐藤 漠
Mac(Macintosh)用のショートカットしか載ってないなあ・・・

そう、実は、TECH::CAMPのカリキュラムは基本的にMacユーザー向けに書かれているので、Windowsユーザー用のショートカットキーの使い方は載っていないのでした……。

ショートカットキーくらいなら問題無いのですが、今後のカリキュラムもMac用のものを読み進めていくことになります。

TECH::CAMP
そうですね……今の所Macユーザー用に書かれています。が、もしご希望でしたら、教室でMacBookの貸出も行っていますよ!
佐藤 漠
うーん。いえ、生粋のドザーなので一旦大丈夫です。
※ドザー…Windowsユーザーのこと。「ドザ、もしくはドザー」と呼ぶ。対して、Macユーザーはマカーと呼ぶ

断ってしまいました。一旦Windowsで進めて、無理がありそうであればMacを検討することにしました。

次は、Jupyter NoteBookについての説明です。

Jupyter NoteBookとは(カリキュラムより)

引用:TECH::CAMP AI(人工知能)入門

私は、こちらもAtom内のパッケージで対応することにしました。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のLesson1を受講してわかったこと

TECH::CAMPのLesson1を受けてわかったことは以下の通りです。

・コンピューターに慣れていない初心者でも学べる
どのくらいのレベルから学べるか若干の不安が残っていましたが、蓋を開ければ全くのコンピューター初心者でも初められる内容になっていて安心しました。
・自分のやりやすい方法で進めても良い
それでいて、基本的なプログラミングに慣れていれば、メンターに相談して自身に合ったやり方で進めることもできます。

TECH::CAMP(テックキャンプ)のレッスンを受講した感想

場所や時間の自由度だけでなく、使いたいツールなど学習を進める方法まで「カリキュラム通りに進めなければいけません」と縛らずにできるのはとてもやりやすいですね。

Windowsユーザーでもこのまま進められるんだろうか・・・」という新たな不安も出てきてしまいましたが、それは今後私が実践して確かめたいと思います!