CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースレビュー・感想|2日目

プログラミングを習得したい人にとって、プログラミングスクールは「理想の自分に一歩近づける場所」。しかし「プログラミングを学びたいけど、自分にできるか不安」「値段が高くて踏み切れない」「受講のイメージが湧かない」など、挑戦するかを悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

どんな様子で授業が進み、どんな学びを得ることができるのか。CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースを受講した様子をお届けします。

飯川慶子
都内の通販会社のウェブマーケター。上級ウェブ解析士。

HTMLやCSS、簡単なワードプレスぐらいであれば触れるものの、近年ウェブだけではなくアプリの割合が増えてきていることに不安を抱えている。

アプリってそもそもどうやって動いているのか、どう作られているのかがわからないとディレクションも解析もしにくいだろうな、と思ったためアプリマスターコースを受講。

CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースとは

CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースは、スマートフォンのアプリケーションをゼロから開発できるようになることを目的としたコースです。

ログラミング未経験者を対象としており、ニュースリーダーアプリやカメラアプリ、簡単なSNSアプリの開発に挑戦することができます。また、アプリ開発に必要な環境構築から開発方法まで、実際に挑戦しながら経験値を積み、最終的に自作のアプリ公開を目指します。

アプリマスターコースの時間・料金プランは以下の通りです。

2ヶ月
  • 料金:148,000円(税抜)
  • レッスン回数:20回
  • 受講期間:60日間
  • 週の学習時間目安:20〜25時間
4ヶ月
  • 料金:248,000円(税抜)
  • レッスン回数:40回
  • 受講期間:120日間
  • 週の学習時間目安:10〜15時間
6ヶ月
  • 料金:298,000円(税抜)
  • レッスン回数:60回
  • 受講期間:180日間
  • 週の学習時間目安:5〜10時間

今回は2ヶ月のスケジュールで学習を進めていきます。

それでは、2日目の様子をお伝えします。

アプリマスターコース2日目|CodeCamp(コードキャンプ)

本日の講師:石川 博子先生

こんにちは。私は、エンジニア歴25年ほどある石川と申します。大手ゲーム会社でエンジニアのキャリアをスタートし、フリーランスを経て、ベンチャー企業を立ち上げています。制御系のシステムからWeb系のシステムまで幅広い開発経験があり、プロジェクトマネージメントなどの経験も豊富です。開発業務のほかに、最近は、新人研修の技術研修や初心者向けのシステム設計研修など、担当しております。休日はアウトドアでジョギングなど、体を動かしていることが好きです。よろしくお願いいたします。

引用:CodeCamp(コードキャンプ)

ここまでは特徴をざっとお話してきましたが、ここからは実際にCodeCamp(コードキャンプ)アプリマスターコース2日目でどんな流れでどんなお話をしたのか、スクリーンショットと一緒にお届けしたいと思います。

CodeCampアプリマスターコース第2回目レッスンの内容

  1. 予習してきたポイントでわからなかったことの質問
  2. プログラミングの演習問題

1. 予習してきたポイントでわからなかったことの質問

今回の学習の前までに、ひとまず教科書の4章までやっておきたかったのですが、思いのほかこれが難しく

・第2章 演算子とオペランド
・第3章 分岐と繰り返し

の部分でとどまってしまいました。

ただし、前回の「CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースレビュー・感想|1日目」で石川先生がちょこっとおっしゃっていたおすすめの勉強法を参考に

1. 石川先生直伝!)プログラミングの例題を実際に手を動かしながらやってみる
2. わからないところがあったら教科書の「メモ」に記入しておく

「メモ」の位置

メモを入力したところ

このようにメモしておいて聞ける状態にしておく・・・ということだけはやっていたので、その点は大変スムーズでした。

詳しい質問内容については次の項目でお伝えしますが、まずここでひとつ反省ポイント。

Javaは自分のパソコンの中に直接プログラムを入れるサーバーを構築しているので、私はJavaでプログラムを作るとき、パソコンの容量がなくなってしまうのを非常に恐れていました。

そのため、

メモの良くない例

このように、教科書のメモ上にコードをコピペして、必要あればEclipse(イクリプス/エクリスプ)上にこれをペーストして動かしていたのですが、相当非効率的です。

容量をケチるのはやめて、素直にひとつずつファイルはEclipse(イクリプス/エクリスプ)上に残しましょう。

(ファイルの名前をテキストの章の名前と一緒にするとわかりやすい!)

2. 課題の相談

次にしたのが課題の相談。

Java 課題2

このようにじゃんけんをするプログラムを作りたかったのですが、私が作ったプログラムは

飯川慶子
結果しか表示されない!笑

のような状態でした。またプログラム自体もとっても長かったんです。

ところが、先生に相談したところ

石川博子
それでも表示されないことはないですが、とにかくそれだと長いので、結果についての文章ははじめにStringsで文字列を定義してあげればすっきりですよね

飯川慶子
本当だ……(なんでこんな長いもの作っていたんだろう)

というようになりました。

ここでJavaの勉強をするうえで大切だと思ったこと、それは「自分が今一体何をしているのか伝えるためにちゃんとコメント機能を使うことが大切」ということ。

このぐらいの長さであれば、コメント機能なしでも大丈夫ですが、今後どんどん長くなるにつれて絶対これは分からなくなってしまうだろうなあと感じてしまいました。

CodeCamp(コードキャンプ)アプリマスターコース2日目で生じた疑問

ここまではCodeCamp(コードキャンプ)アプリマスターコースの大まかな流れを説明してきましたが、おそらくこれだけでは疑問点も多いはず。

そこで、先ほどのレッスンで私が実際に石川先生に質問した内容をご紹介します。もちろん、人によって疑問は違うので気になったことはどんどん無料体験レッスンで相談することをおすすめします。

Q.演算子の部分について

飯川慶子
Q.演算子の部分について質問です。

演算子について

System.out.println(inccnt++);

これが10になるのは、10を表示してから++の処理が行われるからで大丈夫ですか?

石川博子
A そうですそうです! ……だから次のSystem.out.printlnでは10から1足された状態の11が出ているわけです。

Do-While文について

飯川慶子
大変初歩的な質問なのですが、これっていつ使うんですか?

石川博子
Do-While文とWhile文の違いは、処理を必ず1回やりたいときにDo-Whileを使います。

出力について

飯川慶子
今まで、文字を出力するときは

System.out.println();

を使っていたのですが、3章の課題では

System.out.print();

っていうのが出てきてますよね。これってなんなんですか?

石川博子
このlnは「改行」を意味しています。この例題だと改行する部分としない部分がありますよね。だからしない部分はlnが入っていないんです

アプリマスターコース2日目の成果と課題|CodeCamp(コードキャンプ)

第2回を受講して学んだことと、次回に向けた課題について整理します。

第2回を受けて学んだことは大きく

  • 演算子とオペランド/分岐と繰り返しでわからなかった部分の確認
  • 3章の2までの課題

の2つです。レッスン3の課題は4まであるのですが、今回は私の質問が先ほどのもの以外のくだらないものも含めてかなり多かったので、解説の時間が足りませんでした。なので

次は11/2の3回目までに

  • 課題3-3と3-4の見直し
  • 課題4の配列の予習

は最低限見ておいて、質問を絞っておこうと思います。

また

  • コードのスペルミスは重々チェック
  • プログラムの章ごとに容量を気にせずファイルを保存
  • プログラムを書くときにはそのとき何をしたかったのかが伝わりやすいようにコメントを記述する
これは徹底していくべきことだと反省しました。

アプリマスターコース2日目の感想|CodeCamp(コードキャンプ)

Javaを触り始めて早4日。

やはりまったく触れない初心者にとって、やはりJavaは魔境。

なんだか課題はとんでもなく難しいし、おそらく自分1人でやったら一瞬で挫折をしていたという自信はゆるぎないものになりつつあります。

しかし、先生がちゃんと教えてくださるので、辛いけれど楽しくできています。

プログラムが動いたときの感動は何と表したらいいかわからないほど爽快です(「わーーー!!! すっきりーーーー!!!」と夜中に叫ぶぐらい)。

何度もトライ&エラーを繰り返して、ちょっとずつでも理解していきたいな思っているので次回もがんばります。

LINE@無料相談

無料で相談する

編集部がプログラミングスクール選びのアドバイスをさせていただきます。「スクールがたくさんあり過ぎてどれを選べば良いのか分からない」「どの言語を勉強すれば良い?」「転職に有利なスクールはどこ?」など、どんな質問でもOKです!気軽にご連絡ください★